2017年11月14日火曜日

句会報 第29回

句会棟梁では、気が付けば、なぜか?砥石を中心に俳句について考えるようになっていた。

気が付けば、京都府亀岡市へ旅行に行き、砥石職人へ会いに行き、
毎日、刃物と砥石ばかりを眺めて、人生の謎と向き合うという日常を送るようになっていた。
気が付けば、「コンビ鎌砥」と呼ばれる小型の砥石を常に携帯したくなり、
気が付けば、休みの日は、刃を研ぐことが趣味になった。

果てしなく仕事の量は増え続け、休みの日は、仕事の為に刃を研ぐ。

気が付けば、人生のスケジュールはすべて、仕事一色で染まり切ってしまうという事態が発生した。
ママチャリと砥石が友達ですと、キャプテン翼に報告すべきなのだろうか?
気が付けば、自由律俳句の世界ですることが無くなり、句会の今後についても、
将来性を見つけていくことが困難な状況になってきた。

気が付けば、刃を錆びさせないために、オリーブオイルを購入し、油を塗っているのが日課になった。

武士と農民の共通点として、刃物がある。砥石がある。

刃物と砥石を見つめている時ほど、自分の中に、
農民の血と、侍の血が流れている本能に気が付かされる瞬間はまたとない。

句会棟梁は、名前からして、そんな方針を進んでいくのがよいのだろう。

・名前から決めよう鎌倉幕府   造林鎌

形から入る、という入門方も世の中には存在するが、
名前から入る、という入門の仕方が、どうも、俳人ホームセンター造林鎌としての基準のようだ。

棟梁の語源を調べる。

棟梁(とうりょう)は、組織や仕事を束ねる、中心人物である。
棟(むね)と梁(はり)という、建物において重要な構造を譬えに用いた言葉。昔は、武士や僧侶の社会の筆頭格を指すことが多かった(例:将軍職は源氏の棟梁である)。現代社会では大工・石工の元締めや現場監督、現場代理人などを指すことが多く尊称として扱われる。単なる土木工事現場の現場監督などが棟梁と言われることはない。親方と類義語であるが、大工・石工以外の親方を棟梁と呼ぶことは少ない。

この国をどうしていきたいのか?
サシガネや、ノコギリ、砥石を使い、国を変えることを考えねばいけないのだろうか?

・いいくに作ろう鎌倉幕府

この名句を、人類ではじめに気が付いた人物は、生徒だったのか?教師だったのか?
それとも、受験と全く関係のない一般人だったのだろうか?
本来ただの語呂合わせであるはずの言葉だか、人生で最も目指していきたい素晴らしい心意気を示した言葉であるとは、事実は小説よりも奇なりといいたくなる。

・いいくに作ろう鎌倉幕府

これほどまでに、素晴らしい名句、心境には出会ったことが無い。

座右の銘は?と尋ねられたならば、

・いいくに作ろう鎌倉幕府

と、即答できるような人生を送りたい。

そのような句会報になった。

また、余談ではあるが、
気が付けば、句友から手紙がたくさん届くのだが、筆不精なため、返事を全く書いていない日常が蓄積もしている・・・・・・。

いい国を、作ろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿